• GoogleMapsAPIの料金プランについて

    APIとはアプリケーションプログラミングインタフェースの略称です。
    ソフトウェアの機能をWEB上で公開して世界中の人々と共有する機能を有しています。

    APIを使用すると自分が開発しようとするソフトウェアに他社のソフトウェアの機能を埋め込むことができます。

    GoogleMapsAPIはホームページ上に地図を提供するサービスですが、関連するAPIが多数存在します。世界中の様々な企業がGoogleMapsAPIと関連APIを使用して、有料プランによる地図サービスを提供しています。

    公開サイトなどで地図サービスを利用する際の料金は、基本的に年間120万円ほどとされます。
    GoogleMapsAPIを有料で利用するプランは法人向けのサービスです。

    GoogleMapsAPIの料金で快適な暮らしを実現しましょう。

    有料プランでは企業がホームページを作成する場合に地図のスタイルを変化させたり、道路の渋滞情報をリアルタイムで表示するなど様々な機能を追加することができます。

    今すぐ見つかるOKWaveの知識を増やしてみませんか。

    一般的なユーザーがホームページを作成する場合には料金が無料のサービスを利用します。無料サービスでも世界中の地図を表示でき、ホームページのクオリティを向上させることができます。


    GoogleMapsAPIではJavaScriptを利用してアクセスを行うためサーバーサイドではCGIやPHPなどのプログラムが不要になります。
    以前は1か月で料金が数十万円になる有料地図サービスが利用されていました。

    しかしGoogleMapsAPIが登場することで、誰でも無料で地図を利用できるようになりました。



    個人だけでなく、法人も無料サービスを利用することができます。