• Google Maps API

    グーグルマップは、インターネットで簡単に閲覧でき、多くの人々に利用されています。

    わが国ではグーグルマップの画面を出して、検索窓に住所やランドマークなどを入力し、利用するのが一般的です。


    地図のみならず、現地の鮮明な画像も閲覧できます。
    全国ほぼ津々浦々、こうした情報を集めて回ってインターネットで公開するまでには、膨大な費用がかかっていることでしょう。
    そのGoogleMapsの膨大なデータから一部を抜粋し、自らのサイトで利用できるようにしているケースも多々あります。

    GoogleMapsAPIforWork使いやすさが好評です。

    そうするためには、GoogleMapsAPIというキーが必要になります。

    民間のみならず、公的機関も、このGoogleMapsAPIを使ってWEBサイト内でグーグルマップを使用しています。

    ただ今後、WEBサイト内でのグーグルマップ使用回数が非常に多いサイトからは、Googleが課金する方向に向かっているようです。

    今すぐ見つかるgoo ニュースの人気が上昇しています。

    とは言え、1日あたり25、000回以上という膨大な数が、90日以上連続して使用された場合に、グーグルから課金の連絡がある、という程度のようです。
    ただこれまでは、GoogleMapsAPIを使った別のサイト内で、いかに多くこのマップが利用されていようとも、課金されることはありませんでした。無料で使えていたわけです。



    グーグルは、広告を表示するというサービスによって大きな収入をあげています。

    他のサイトでグーグルマップが使われる場合は、広告収入が得づらくなるわけですから、こうなるのもやむを得ないかもしれません。